一日千秋

やれば出来るはず。GOGO!

多くても顔を洗うのは一日に二回までが良い

多くても顔を洗うのは一日に二回までが良い。

ニキビが出来てしまうと気分が滅入ります。でも、実は肌の調子ってお腹の中の調子と結びついているらしいので、腸内の環境を良くしたら、意外ときれいになくなってくれます。

まずは、腸内さっぱり快便生活から始めるためにキウイフルーツなどの食物繊維が多いものを食べて、いらないものを体外へ出していったら、ニキビもさっぱりなくなります。

ニキビは一度治ってもまたできやすい肌のトラブルとなっています。一度治ったからといってバランスの悪い食生活や不摂生を繰り返していると、すぐ再発をしてしまいます。

ニキビができないよう予防するには、お肌をキレイに保つようにし、不摂生な食事や暴飲暴食をせず、睡眠をたっぷりと取っていくことが大切なこととなります。ニキビの原因はアクネ菌ですので、フェイスタオルやメイク用スポンジなどの肌に触れる物を2人以上で共有したり、直接肌が触れてそのまま洗わないで放っておくと、他の人のニキビが自分にうつってしまう恐れがあります。

また、手で自分のニキビを触って、顔の他の部分を触ってしまうと、そこにもニキビができる可能性があります。

そもそもシミとは何なのかというと表皮に現れたメラニン

そもそもシミとは何なのかというと表皮に現れたメラニン

肌はなるべく若いうちから手をかけてあげた方がいいのですが、日々の肌のケアをすることなく、若いしまだまだ問題はない、と思っていませんか?20代の肌にだって、普通にシワはできます。肌にシワができる原因は肌に与えらえる紫外線の刺激や乾燥によるダメージですが、そのダメージが日々積み重なっていくことがじわじわと肌に影響を与えます。という訳で、シワとは無縁の健康的な肌を保ち続けようとするなら、20代であっても、日々のスキンケアを行なうべきなのです。

個人差はもちろんあるとは思いますが、だいたい38歳頃には、シワは顔に定着するようです。このくらいの年齢になると、本当に身体の疲れがなかなか取れないことを自覚するようになりますし、クマやほうれい線といった、老けて見えるサインが顏の中で急激に目立ちはじめたりもします。38歳以前だと、肌のコンディションが最低レベルになっていても、ケアして眠れば翌日には元気になっていたと思うのですけど、38歳以降にはもう肌の調子が元にもどるのに、少々時間が必要になってきて、もうずっと、疲れた状態が続いているように思います。

一日2リットルの水分を欠かさないことが全身の代謝を促進すると言われます。

お肌の内側からも、水分を補給しなければなりません。水分不足はお肌の血行不良を招きます。老廃物が排出されないため、黄ぐすみの原因になります。さらに、肌の乾燥を引き起こし、くすみも小じわもほうれい線も増加していくのです。

水分不足にはくれぐれも気をつけましょう。

近年では胸が大きくならないのはDNAというよりも

近年では胸が大きくならないのはDNAというよりも。

豊かな胸を作るエクササイズを継続することで、大きな胸を育てるられるでしょう。

ボリュームあるバストで有名なグラビアアイドルが胸を大きくするエクササイズを紹介していることもあります。

運動は種類が豊富ですので、どの方法が続けられるかを考えてバスト周りの筋肉を鍛えることを心がけてください。

続ける根気よさが必要になります。

ご存じない方も多いのですが、ボロンは熱に強くないので、壊れる恐れがあるので熱を加えないでください。

胸を大きくするためにキャベツを摂取するのであれば、加熱厳禁そのまま生でお食べください。また、キャベツの他にもレタスやリンゴ、アーモンドなどの食い物にもボロンを含んでいますから、チャレンジしてみるのもいいかもしれません。バストのカップ数を上げたい場合、意外かもしれませんが、エステも効果的です。

エステで胸へのケアを行うと美しく、形の良いバストとなるでしょう。

続けて通うことで、徐々にサイズが大きくなることもあります。

でも、結構なお金が必要ですし、当たり前ではありますが、整形ともまた違い、努力と保つための意識が必要で、胸が元に戻ってしまうでしょう。

ダイエットシャツで減量作戦を開始

ダイエットシャツで減量作戦を開始。

すでに20年ほど前ぐらいの話ですが、その時、流行した外国製の減量効果があるらしいサプリを挑戦してみたことがありました。

飲んでしばしすると、胸がドキドキしたり、呼吸が荒くなってきました。

実際問題、期待どおりの結果があると判断すればいいのか、体に適さないのかわからず、恐れを感じたので、一瓶で飲むのを中止することにしました。

体重も結局は何も変化しませんでした。私の場合、子供を産んだ後、増えた体重とぶよぶよのおなかを元に戻すために、ダイエットと合わせて人生初体験の筋力トレーニングをしました。

100%おっぱいで育児をしていたので、思うように減量はできなかったのですが、筋トレはかなり熱心に鍛えました。

そういったこともあり、半年ぐらいでほぼ前の体型に戻す願いがかないました。

本格的な複式呼吸を習得すれば、基礎代謝を上げられるとのことです。

しょうが湯を飲む、ストレッチをする、上半身だけゆっくりとバスタイムしたり、偏に、代謝を上げるということひとつとっても根気がいると思っていた矢先だったので、とりあえず呼吸法を完璧にして、いつでも簡単に代謝をあげられるようになりたいと考えます。

ダイエットといえば有酸素運動が良いといいますが、有酸素と無酸素の違いといいますか、見分けられません。

普通、息は上がるけれど、汗はあまりかかない程度というのが、違いのようです。

しかし、汗のかき方は気候によっても変わりますよね。もっとはっきりとした区別の仕方がわかるとダイエットがしやすくなると思います。

基礎代謝を良くする事はダイエットにも効果があるのです。

普段汗があまり出ないという方は、体内に不要な汚れが溜まりやすくなってしまいます。

老廃物が蓄積されていくと基礎代謝が下がってしまい、汗があまり出ない人は太りやすくなってしまうのです。

基礎代謝を良くする事によって汗をかきやすい体にしていくことが重要と言えます。

金剛筋シャツは通販限定で市販や店頭販売はないということだったので、ネットショップで一番お得に買える所を探していたら、ここで正規品が最安値で買える店を紹介していました。参考までにURLを張っておきますね!→https://exerciset.work/

無用ノ介という少年漫画

無用ノ介という少年漫画。車で10分の所に町立図書館があって、月初めにたくさんの子供向けの本をレンタルしてくるので、異なる本を読みたい私に息子達はえ?それは前回も・・・という感じで毎回既に読んだ本をリクエストしてきます。

子どもたちって結局どうなるのか知っているほうがドキドキしなくて落ち着くみたいですね。

読み聞かせをすると物心ついたら本好き子に育つという話を真に受けていたんですが、中学3年でも変化なしで、子どもたちはマンガしか読まず、子供部屋に散らかっているのはレベルEと劇団鯨ごろし・・・なんだよね。子供達が幼い時分に仕事から帰って来てから本を読み聞かせしてました^^読み聞かせという言葉言えば無理矢理聞かせているという印象もあるような気もしますが、親としては、本を読んであげるのがかなり好きだったので、我が子達がが結構大きくなって興味を示さなくなるまで、風呂あがりのくつろぎタイムに読み聞かせてたんですよね。

何歳になったら本を読むんだろうと思いつつ月日は流れ二人とも大きくなり、独立していきました。
先日久々に再会した時に、そのことを話したら、あの頃読んだ本の名前を記憶していて驚いたと同時に自分が読み聞かせしてたことは無駄ではなかったと嬉しかったなぁ。

マキちゃんと一緒にでご飯を一緒に食べて世間話をしたんですが

マキちゃんと一緒にでご飯を一緒に食べて世間話をしたんですが。好きなドリンク、ライス、サラダ、スープがついて750円なんです〜これは安いです!ママさんにもかなり良心的な値段のお店です。



で、しかも美味しいと来てる!スープが絶品です。焼きたてのパンが運ばれてくるのでふわふわもちもち。

機会があったらまた行きたい!決まって集ご場所は、決まって近所。チャリで移動出来る距離にということが都合がいいのでやっぱり近場ばかりになることが多いですね。だけど、近隣ばかり集まることが多いからこそ知っているお店が多いかなと感じんでうよね。昔バイトしていた時の仲良しママと一緒に焼き肉屋さんでランチを食べたんですが、何と4年ぶり!元気いっぱいのやんちゃ坊主が、来年の春から就職して山梨に行くという話を聞いて知らなに間におっきくなってたんだね。時間の経過に驚いた。
お祝いにパソコンか何かを贈ってみようかしら。


喜んでくれるといいな。

健康アンチエイジングに気配り

健康アンチエイジングに気配り。私自身の日々の暮らしの中で老化で気になるのは主に健康面で、どこそこのたるみより体調の悩みの方がたくさんあります。



表面的なアンチエイジングのように、健康を維持するにはこれのみで大丈夫!なんていうのがあれば苦労は要らないんですけどね〜。

すぐ疲れることや、運動が足りていない。運動しなくちゃって思うけど、疲れるのが早くて…。
油を使ったものを食べると、胃腸の調子が良くない。健康についてのほうの問題が気になります。


新聞と一緒に入る何種類もの広告を目にしますが、中でもいわゆる「主婦層」の女性に訴えるような広告枚数がTOPです。何故だかエイジングケア系が目白押し。ここ数年美魔女なんていうのも出てきているせいか、美容のアンチエイジングに気を遣う女子が急増している様子です。20代までは気にも留めなかった、歳を取ってからの変化が結構あるんだなって、身をもって知りました。